苦手な人との接し方はこの方法で楽になる!

人間だって生き物です。自然界に生息している生物以上に複雑な知能と行動パターンを有しています。つまり自然界においても動植物でも得手と不得手があるように、当然のことながら同じ生物である人間も好き嫌いは存在しています。だからこそ全員と等しく平等に接するのではなく、苦手な人と接することを楽にできるように見直してみませんか?

たくさん人が集まれば苦手な人も当然いる!

しかしながら、プライベートはそれで済むかもしれませんが、どうしても仕事上の付き合いで苦手な人間ができてしまうと様々な仕事に支障が出てきますし何よりも自分がその職場において居心地が悪くストレスを感じてしまう可能性があります。

だからこそどんなに人間的にも尊敬できなくて苦手だなと感じる関係性であっても、最低限度の付き合いとあなたに敵意は無いことを示していく必要が1人の社会人としてあります。それではあなたはそのような人間に対してどのように接するべきかあなたなりの行動パターンを有しているでしょうか??初めからあえてこの人は苦手だと自分から壁を作る必要はありませんが、どうしてもお付き合いするのが苦痛だと思う人間が現れたときに、自分なりの解決策を持っているとその人と接するよりも自分の行動パターンに当てはめて自らをそのパターンに沿って行動するだけですので非常にシンプルで行動が単純化します。今現在も身近な人間の中にそのように自分でどうしたら良いのかわからない苦手な人間を抱えている人はぜひこの先も読み進めてみてください!

意外と相手は気づいている!?

ぜひ今までの自分の行動を見つめ直してみてください。すべてはそこから始まります。実際にあなたが苦手だと感じている人間がいたと仮定しましょう。職場でも教室でもどこでも構いません。その時あなたがその部屋に入ってきたとき、あなたは堂々とその人の前を通りますか?無意識のうちにも、煩わしさを考えてその人を避けて部屋に入らなかったり、遠回りした事はありませんか?実際に苦手な人に対する行動としてあるアンケート調査ではその人を避けると答えが出ています。でもよく考えてみてください。あなた自身も自らを避けている人間をなんとなく肌感覚として伝わってきませんか?つまりあなたが避ければ避けるだけ相手にとっても当然イライラする存在としてあなたを考えるようになってしまうのです。つまり苦手だからといって避けていては関係が修復しないばかりか余計こじれる結末へと向かってしまうでしょう。

つまり答えはここにあるのです。実にいたってシンプルです。今まで避けていたのであれば避けないでアイコンタクトとともにしっかり挨拶をしましょう。苦手な相手と必要以上に親しくなる必要はありませんが、同じ職場や教室で過ごす仲間としては最低限の関係性は構築しておくべきです。そしてその最低限の関係性こそが爽やかな挨拶に他なりません。塵も積もれば山となるで毎日相手を避けないで、しっかり挨拶を重ねることで不思議と苦手だった関係性も変化が見られるようになるから不思議なものです。あなた自身のストレス軽減のためにも、苦手な人間は1人でも少ない方が良いに越した事はありません。ぜひ挨拶すら疎遠になっていた方は早速実行してみて下さい!

相手に無視されたとしても極力冷静に!

ここまであなたが行動すべき行動パターンについてご案内してきましたが、いずれにしても理想論である事は否めません。なぜならコミュニケーションには必ず相対する人物が存在しているからです。こちら側から近づこうと接触を試みたとしても相手が返事も上の空でまともに取り合ってくれない時も十分に考えられます。特に自分にだけあからさまに他人とは区別して冷たい態度をとってきたときにはなかなか冷静に見るのは難しいかもしれません。大抵の場合、そのような姑息な手段に出る相手に対してはこちら側も無視で構いません。なぜならそのようなことに労力を使っている人間は職場においても学校においても大した力を持っていないで暇な人間だからです。馬鹿な人間にあなたの貴重な時間をそして労力を使う必要は全くありませんし理由も存在しません。

しかしながらどうしてもその人物とのコミュニケーションが自分のなすべき目標の延長線上に存在している場合はやはり避けては通れないでしょう。相手からしても何か気に障ることがあったからあなたに対して冷たい態度をとっていると考えられます。人間は第一印象でほぼ決まってしまうことを前回お話ししましたが、そうなのであれば短期戦であなたの印象を180度がらりと変える事はなかなか困難なミッションといえます。つまりその人物と最低限の関係性を構築しなおしたいのであれば短期戦ではなく持久戦を覚悟する必要があります。そしてその持久戦こそがやはり挨拶の積み重ねとなってくるのです。何度も何度も該当の人物とすれ違うたびに、アイコンタクトをしっかりとって挨拶をしましょう。最初の頃はほとんど挨拶をされないかもしれませんがそれでもくじけずやり続けてください。すると相手からしても徐々にではありますがあなたを認識していずれ返事をしてくれる可能性が高まるのです。

婚活ブームでも印象が第一

数年前から婚活が世間をにぎわすようになりました。少子高齢化の社会においては喜ばしい出来事です。そんな婚活においてもやはり勝ち組と負け組は生まれてしまうもので、婚活に参加してすぐにふさわしいパートナーを見つけて結婚と言う喜ばしい卒業を迎える人もいれば、なかなか婚活に参加しても成果をあげられない人がいるのも事実です。それではそのような両者の中にはどのような差が存在しているのでしょうか!?

今まで他者とのコミュニケーションの重要性についてさまざまな視点や角度からご紹介してきましたが、婚活においてもやはりはじめの印象が全てを決めると言っても過言ではありません。出会って数秒間をまずは大切にしてみてください!そして話し始めるよりも前に目線を送ることを絶対に忘れないこと。初めてお会いする方には緊張しているのは当然ですが、それは相手にとっても同じこと。しかもこの記事を読んでいる方が男性なのであれば1歩リードしてあげる気遣いは必要です。相手の緊張を和らげるためにもまずは目線を合わせて微笑みかけましょう。そしてしっかりと会釈をするのです。そこで約10秒間が過ぎていることです。10秒で何ができると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、目線を合わせて微笑みかけて会釈をする。たったそれだけでも相手が抱く印象はがらりと変わるはずです。

さて本日の記事はここまでとします。次回からは1対1のコミニケーションから抜け出し、複数人とのコミニケーションにおけるコツを伝授したいと思います!!基本は1対1と変わらないのですが、大勢の中ではなかなか心のそこから会話を楽しむことができない方が多いのでその点について詳しくご説明します!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました