会話中に気の利いた言葉が出てこない時の対処法

誰しもがこのような経験を持っているはずです。相手が一生懸命話をしてくれているのに、自分がそれに対して気の利いた言葉の1つもかけてあげることができない。気持ちはあるのに口がうまく回らず、場を盛り上げることができていない。でもそれは決してあなただけではなく、他者と会話をする中では必ず訪れる時間でもあります。まずは上手く話せないという思考回路から抜け出す必要があります。

自分の中でパターンを持っておこう!

そこで気の利いた言葉を話すことができなかった場合、事実+自分のプライベートな話題を少しだけ披露することを覚えておいてください。例えば好きな野菜はなんですかと質問されたら、該当する野菜となぜその野菜が好きなのかを自分の理由とともに説明してあげるのです。そうすることによって相手からすればあなたを教える機会にもなりますし、自分の質問に対して丁寧に答えてくれていると言う印象を与えることができるので、もちろん好印象とともにこの先もこの人とコミュニケーションをとっていっていいんだと知らせることができます。そこまでだらだらと長い時間話す機会は必要ありませんので、軽く自己紹介をした後に相手の反応を見ながら会話を続けていきましょう!

会話のスタートは相手をねぎらうことから始めてみよう!

どのような人間であれ配慮の姿勢が見えて、 優しいと思える人物が嫌いな人間はいません。そしてその配慮と優しさをいっぺんに相手にアピールできる方法が、相手をねぎらうことなのです。最近あなたは誰かをねぎらいましたか??残念ながら相手をねぎらう文化は日本人として非常に素晴らしいそして誇らしい文化であったと思いますが、最近はそのような人物がだんだんと少なくなってきたように感じます。

初めて会う人でも、最初の言葉でねぎらいの言葉をかけてみたとき相手は嫌な気分をするでしょうか。例えば暑い日でも寒い日でも、暑かったでしょう?寒かったでしょう?などとはじめに声をかけられると話のきっかけにもなりますし、相手の緊張がほぐれて会話がスムーズにその後運ぶようになります。実は会話は本当にちょっとした気遣いのスイッチを押すだけで格段に以前とは変貌を遂げるものなのです。相手にとってあなたが話しやすい人だなと感じてもらうためにはどのような環境を作り出せば良いのか?その1つの手法として相手をねぎらうことが存在しているのです。

相手を思う優しさが溢れるねぎらいの場こそ明るいコミュニケーションの雰囲気が醸成されることを覚えておきましょう!

苦手な人との会話をするには

人間と言うものは生き物ですから必ず好き嫌いや相性が存在しています。だからこそ苦手な人間には必要以上に接触する必要はありませんが、仕事においてはそのような事は言ってられない場面もあるかと思います。それではお互いにストレスをためないでうまくコミュニケーションを構築していくにはどのようにすればよいでしょうか?まずその人とじっくり話したことがあるのかもう一度考え直してみてください。何となくのイメージでこちら側から苦手の壁を作りきちんと会話をしたことがないケースは多々あります。実際に話をしてみるとこんなに面白くて真面目で実はいい人だったと思うかもしれません。話す内容はありふれたもので構わないのです。そんな時は便利な天気の話題からスタートさせると良いでしょう。

とは言っても今までお互いに苦手と感じていた間柄でいきなり深い会話をするのは難しいものです。実際に話してみると良かった人もいる中で、反面やはりこの人は苦手だな、リアクションが悪いなと感じる人もいるでしょう。そのような人と初めからうまく会話ができると思うことがナンセンスです。自分が思っている以上の反応が返ってこない場合は無理にそれ以上会話を続けるのではなく、その日は軽く笑顔で会話を終えましょう。そしてその日だけで会話を終えるのではなくボクシングのジャブのように毎日少しずつヒットを積み重ねていく意識で会話をしてみてください!きっと相手も毎日話しかけてくるあなたに徐々にではありますが心を開いてくれるようになると思います。いつの日かこちら側からではなく、相手から話しかけてくれる日が来たならばもうその人のことを苦手と思っている事はないでしょう!

どうしても話のネタが尽きた時のこの一手!

これまで会話をスムーズに運ぶための話術を様々ご紹介してきましたが、ここぞと言う場面でどうしても話題が尽きてしまった場面の対処法について次はご紹介したいと思います!会話を苦手とする人の中には、沈黙が訪れることを必要以上に警戒している人が中にはいらっしゃいます。そのような場面では、まず沈黙が訪れた時より前に話題に上っていた事柄を思い出して、中でも印象的なトピックを取り出してそれに付随する質問を考えてみてください。すると自然と沈黙が埋まりますし、次への話題もスムーズに移行することができます。それでもどうしても沈黙が訪れてしまったときには、視点を変えてみてください。つまり自分の頭の中からはいちど完全に離れてしまうのです。

つまりあなたの目の前に広がっているものや景色、情景について話題を探すのです。手っ取り早いのは相手が身に付けている服装や装飾品が良いでしょう。携帯電話の機種等でも思わぬ話題が見つかるかもしれません。実際に自分の身の回りのものを見て回ると話題になりそうなものは溢れかえっていますし、沈黙で慌てているときは気持ちここにあらずで表情も硬くなっている場合があるので、自分の頭から離れてリセットして俯瞰して情景を見ることによって冷静さを取り戻すことができます。あなたの観察力を駆使して沈黙の嫌な雰囲気から脱出できるヒントをぜひ探し当ててください!

挨拶の大切さを再認識しよう!

読者のみなさんは当たり前のように毎日挨拶を交わしていると思います。しかしその挨拶が当たり前のことになりすぎていませんか?礼に始まり礼に終わるように、やはり挨拶をしっかりできる人間は会話もスムーズです。なぜなら挨拶によって会話をするベースとなる人間関係を構築することができるからです。そして会話上手な人間は挨拶の重要性を誰よりも強く認識しています。初めて出会った人間に対しても誰よりも早く元気に挨拶することによって第一印象が良くなりますし、相手からの警戒心も自然となくなります。そのベースが構築されているからこそ、次に親しく会話をスタートさせることができるのです!人は無意識のうちに、初めて出会った人間は味方なのか敵なのかを判断すると言われています。しかもわずか数秒です。その数秒であなたの印象を決めるのは一体何だと思いますか?そうです!先ほどから述べている通り挨拶しかありません!どのように砕けた人間であっても、初めの挨拶をしっかりすることによって難しい人間だとレッテルを一方的に貼られることもなくなります!ぜひ今日から「挨拶」を誰よりも元気にしましょう!

挨拶のときには目線を大切に!

第一印象は挨拶が非常に重要だと述べましたが、それと同時に目線の大切さも加えておきます。どれだけ大切にしている挨拶も、目線がどこの方向を向いているのか相手からわからなければその効果も半減してしまいます。加えて、しっかり自分が挨拶をしたい人間に対して目線を送ることで、相手からしてみても自分にメッセージを送ってくれていると強く認識することができるのです。人見知りを自覚している人間こそ、挨拶とともにしっかりと目線を合わせてみてください。あなたが優しい眼差しを送ればきっと相手も同じように送り返してくれるはずです!そして目線があったのであれば軽く会釈をしてあなたに対しても警戒心を完全に解き放ってあげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました