仕事もプライベートもうまくいく会話術とは?

仕事もプライベートもうまくいく感じの良さとは?

日常生活において、他人とのコミニケーションは切っても切れない関係にあるのは皆さんご承知のはずです。そんな中で他人との接し方や、自己実現の方法なので悩んでいる方も現代社会において多いはず。それが証拠にハウツー本でそのような悩みを解決する本が多数出版されています。しかし結局のところ、人のコミニケーションの根幹に関わる部分は「話し方」なのです!今回はそんな話し方について少し触れて見たいと思います!

仕事の良し悪しの判断基準とは?

皆さんは、結局のところ仕事の成否はどのような観点に基づいて決定されていますか?もっと自分自身の能力があったら、この仕事ができたのに、、などと自分の能力について悩まれているかもしれません。しかし、この多くの方が陥りがちな考え方をしている限りは仕事はあまり好転しないかもしれません。自分の身近で憧れの仕事をしている人のことを思い浮かべてみて下さい。

能力以上に、言葉に表現しづらいですが感じがいい雰囲気をしていませんか?もちろん能力や技術も必要で不可欠な要素であることは間違い無いのですが、それ以上に他人の協力なしに仕事において大きな成功を収める事は不可能です。ではどんな人が多くの人から協力を得られるのか?それこそが今回の記事のテーマである「感じの良さ」の本質なのです!

感じの良さは周りの人を幸せにします。結果的に自分だけの能力だけではなく、他人の能力も最大限に発揮させることができる環境を整えることができるのです。そのような人間は会社にとってもちろん重宝しますし、結果的に長い間会社にとどまることができるので出世もするでしょう。難しく考えることなく、協力しながら楽しく仕事をするにはどのようなことを心がければ良いのかを説明して参ります。

誰でも感じよく話すことはできる!

このような経験をしたことありませんか?

もちろんこの人が言っていることは正しい。でもなんとなく理屈っぽくて言い方も癇に障るし、言いなりになりたくない

それは会議においても得意先においてもあり得る想定される場面です。話している事は正しいのに相手にどうも受け入れられない。それはつまり、相手を説き伏せようと理詰めで、自分の正義を押し付けているにすぎないのです。仕事において成功を収めるためには、相手に動いてもらわなければ何も始まりません。アメリカの大富豪カーネギーも大ベストセラーの著書の中で決して人は論理では動かない、とあります。

つまり人は動くときは、「感情」という気分が大きく関わっているのです。
仕事における大切なデータを細かく管理することはもちろんですが、最終的な動きという行動を促すには「情」を意識する必要があるのです。

まずはこんな人と一緒に働きたいと思えるような人物を目指してみましょう!それが結局のところは一番の近道になっています。「商品力」「品質」と呼ばれるものでは、多額の研究開発費を投入しなければ差別化できないほどに大差がなくなってしまっています。そんな中、差が生まれてくるのは、たゆまぬ付き合いから生まれてくる「信用」「信頼」なのです。

才能は一切必要なし!

でもそんなこと言われても、急に感じが良い人になるなんて無理だ。やはり才能が必要なのじゃないかって思われる方も多いはずです。もちろん奥底から明るくて天性の天真爛漫さを持ち合わせている人がいるにはいます。しかし、本日お伝えしたいことはこのような特別な才能ではありません。

感じが良い人になるメリットを改めて考えてみましょう。

先述しましたが、仕事は決して一人では終わらずに他人や他部署との関わり合いが必要になります。またその行動をすることによって自分の仕事を何倍にも増幅させることもできますし、他の考え方を吸収することにより、自らの成長を促すことだってできるのです。

また必要以上のストレスを感じないことも大きなメリットとなるでしょう。自らを律して感じの良い人を意識することによって、時間をかければ自分のことを理解してくれている感じの良い人が周囲に集まります。人から好かれるもの同士が集まる場には、プラスのエネルギーが集まって何事においても否定から始まるような人間はいないでしょう。つまり毎日を笑顔で元気よく生きる「幸福感」へと繋がります!

話し方の基本を学ぶ!

自分の想いだけを一方的に語ることはNG!

あなたはどんな話し方をされたらムッとした気分になるでしょうか?

こちらの意見はほぼ耳を傾けないで自分の意見を一方的に話している人を、感じが良い人だなとはきっと思わないはずです。では、まずその基本を押さえてみましょう。相手に対する思いやりや優しさを持って話すのです。

「自分の目線だけではなく、この場合にこの発言をすることによって相手はどんな風に感じるのか」

上記の内容を心の中で自問自答することだけでも、自分の口から発せられる言葉は大きく変わります。話すというあまりにも基本的な行為であるので初めは難しいかもしれませんが、少しずつ相手に対する配慮を持つことによっていずれは意識しなくても自然に感じの良い話し方ができるようになってきますので安心してください。

「一方的な物言いをしないこと!」

相手にも様々な事情を抱えて何かに追われて生きています。計画していた予定もあることでしょう。気配りをすることができれば不当に相手から有益な時間を奪うことはなくなるでしょうし、触れてほしくないテーマも未然にスルーすることだってできるはずです。

会話以前の注意点とは

まずは最低限度の身だしなみとマナーを整えよう!ここが疎かになってしまっていては人柄以前に前に進むことができません。また好かれる会話術を意識して、相手にとってこんな人は失礼だとも思われてしまうNG集を頭に入れておくと良いでしょう。

では早速、会話の内容に入る前にしっかりと押さえておきたいポイントを何点か列挙してみたいと思います。もちろんどのような会話をするかは重要なのですが、会話の前に自分の意図が正しく伝わるように環境を整えることも非常に重要になるのです。

既に意識されている方も多いかと思いますが、自分の考えていることがしっかりと相手に伝わるためにはどのように相手と対面すればいいと思いますか?大抵のケースでは真正面で話すことが多いでしょう。しかし、心理学的な見地から説明すると、真横しかも本能的に心臓を守りたい習性から右隣に座ることが相手に無駄な警戒心を与えないことが証明されています。ただプライベートで近しい人間であればすぐに真横のポジションを確保することができるでしょうが、仕事上の付き合いではなかなか厳しいことが想定されます。しかし真正面よりも真横に近い位置取りの方が自分の気持ちが伝わることを頭に入れておけば、例えばパソコン等の資料を取引先に見せる時などに身を乗り出して斜めの位置をとることはできるでしょう。相手にとって警戒心を与えない範囲でぜひトライしてみて下さい。

できれば試してみてほしいタッチ!

もちろん状況によっては今の時代においてはセクハラやパワハラなどで多少のリスクも考えられますが、やはり人間は自分をタッチした人間にはコミニケーションを許す傾向があります。これをストローク効果と呼びます。実際に大手企業の中では、クレーム対応の中でこのストローク効果を最大限に活用している実例も存在しています。自分が伝えたい内容の前に、座る位置や不自然にならない程度に相手に触れてコミニケーションの懐を開かせることは非常に重要です。

自分の間だけを意識しない!

練習のしすぎはNG

特に営業マンに言えることなのですが、自分の製品やサービスを最大限に魅力的に伝えるためにプレゼンテーションを徹底的に練習することがあるかと思います。もちろん勉強しなければ相手に対して自社の製品を伝える事は不可能ですし、その過程こそが成功への準備ともいえます。

しかし、このことばかりに気をとられていては結局は自分に対しての目線が働いて相手の気持ちを汲み取らないで一方的な会話に陥っているケースも多いのです。結局のところ、そのプレゼンテーションに対してのリアクションをする要素は、相手側の心の中にあります。せっかく話している内容が素晴らしいものであっても、相手にとって自分をないがしろにされるような説明をされてしまった場合、首を縦に決して振ることはないでしょう。

また自分の方を意識してしまうあまりに、聞く側にとって準備が整っていないときにお構いなしにどんどんと話を進めてしまう可能性すらあります。人にはそれぞれ抱えている事情や都合が存在します。それを会話する前に少し頭に思い浮かべるだけでも視野が広がり相手の状況を考えることができるでしょう!

話し方まとめ

本日の記事で、読者の皆様の日常に少しでもお役に立てることがあったでしょうか?コミュニケーションのベースとなる会話を改めて見つめ直すことによって、より良好な人間関係を築くことができるようになります。次回の記事では、さらに相手にとって気持ち良くなる会話術の基本についてご紹介して参りますのでお楽しみに!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました