自分の思いを相手に伝える上手な自己主張法

今回は特に自己主張することがなかなかできない人にこそ読んで欲しい記事を書きたいと思います。もし自己主張することが苦手だなと少しでも感じている人にはこの記事をお読みいただき、少しずつでも自己改革に励んでいただきたいと願っているのです。

自己主張によって人生に彩りを与えよう!

自己主張ができない人々は、自分の思いを相手に伝えることが苦手で人生のあらゆる場面で損をしてしまっているケースが多く見受けられます。その精神は日本人的といえ、非常に慎ましく素晴らしいものとも言えますが、別の角度から見てしまうとおとなしく何でも引き受けてしまう弱々しい面もあります。結局のところ、人々は支え合っているとはいえ、究極的には自分のためにこそ生きているのです。もっと上手く自己主張することによって、今よりもっと彩りを与える人生を送りませんか。

自己主張しないとどうなるか。

結論から申せば、どんどん社会的にもプライベートでも窮屈に感じてしまうことでしょう。自分の意見を言えない人には信頼が集まりません。相手からするとどんな人間なのか分からないのですから当然です。すると大きな仕事も任せてもらえず、ずっと仕事も補佐に回り、充実した達成感を得ることは難しいでしょう。身近な人間関係でも同じことです。そんな環境が続いてしまうと、自己認識欲求を満たせず、卑屈になってしまったり、いつか自分の意思に反して爆発してしまう可能性だってあります。だからこそ、適切に自己主張することは決して悪なのではなく、むしろ正義であることから認識してください!自己主張できるようになるヒントをこれからいくつかご紹介します!

自己主張は悪い事ではない!

前述しましたが、このことからしっかりと認識する必要があります。やはりこの手の方々は、相手の好意を自分の意見によって歪めてしまうことを極端に恐れてしまっている風来があります。例えば、善意のプレゼントであったとしても、それがもし自分の生活環境にあまりにもそぐわないものであったなら勇気を出して断るべきです。仕事においても自分の置かれている状況をきちんと説明しないと必要以上の仕事量を抱え込むことにもつながりかねません。自己主張することによって自分の要望を適切に伝える事は、何もわがままを話すことではないのです。 自分の意見をしっかりと主張した上で、相手の意見にも耳を傾ける。そこから最善の解決策を見出すことが大人の基本的な姿勢と呼べます。

黙っていては伝わらない!

もちろん関係性が深い間柄であれば、阿吽の呼吸のように声に出さなくても自分の気持ちを理解してくれることだって可能だと思います。しかし、99パーセントの人はあなたのことをよく知らず、大して興味もありません。そればかりか、勝手に解釈されて自分の意図とは違うように勘違いされることだってあるでしょう。そのような現実の状況の中でも、自己主張することは間違っていますか?状況を正しく伝えるためにも、より具体的に言葉に出すことが非常に重要なのです!

主語を自分に置き換えてみる!

実は自分の意見をあまり話せていない人は、自分でも気付かないうちに主語が自分になっていないことが多いのです。相手の批判や反論など、相手が主語になっていることは多くありませんか?大抵の場合、相手にとってもうんざりする内容は、自分に対するものなのです。だから、相手のことを考え発言する前に、まずは自分自身がどのように感じ意見を持っているのかを明らかにしてからにしましょう。そのプロセスがあるだけでもまずは、自分にベクトルを向けることができます!無用に相手を傷つけることもなくなりますよ!

思考停止に陥らない

自分の意見を普段から明らかにしない人は、案外自分で自分の考え方をわかっていないことがあります。自分で分かっていない内容について相手に主張することなんてできるはずありませんよね!だからこそ、普段から自分はどんな感想や考え方を持っているのか考える習慣を身に付けていただきたいのです!テレビでニュースを見ている時でも、何気ない会話をしている時でも、声に出さなくてもいいので、まずはしっかりと思考回路に乗せてみる。その癖付けの連続がしっかりとした自己主張に繋がります!「言語化」する能力を是非磨いてください!

 

自己主張できない人の特徴

そもそも相手と争うことが嫌い

平和主義者とも言えますが、自分の意見を押し通すのが苦手な人は、そもそも喧嘩ごとを避けようとします。でも、自己主張は喧嘩ではないことをまずはしっかりと認識しましょう!たとえ他人に自分の意見を流されたとしても自分の意見をしっかり話すことが大切です。自分は内向的な性格であると決めつけないでくださいね!

会話も少し苦手

自分の意見を述べるのは、人間である以上会話することによって成立しています!おしゃべりの人が自己主張が乏しいと感じないのと同じように、話すのが苦手な人はどうしても自己主張の少ない人間であると見受けられがちです。自分の意見を話す前に、あまり自信が持てないで、内容としてこれは果たして正しいのだろうか、などとあれこれ考えてしまいがち。シンプルな思考回路を持ちましょう!

得意分野にしか話を深掘りしない

会話の内容は多岐に渡って、自分が全く知らない未知の分野もあることでしょう。あまり自ら進んで会話をしない人は、自分が知らないことについてはついつい黙ってしまいがち。的外れな意見を話したら、と不安になってしまう気持ちも分からなくありませんが、そこはあえて意識的にも発言するようにしましょう!知らないからこそ、そこから学べることも多いはずです。自分の知っている内容だけに発言していては、新たな知識の習得も出会いも生まれにくいでしょう。

それでは最後に今後どのように自己主張していくべきなのかをシンプルにまとめたいと思います!下記の項目だけを頭に入れておくだけでも見違える成果が出ますので早速実践することをオススメします!

▷意見を「あなた」から「私」に変える

▷全てを正直に言うのではなく、相手の気持ちを配慮すること

▷相手の目線で「お願い」の論調をとる

▷クローズドな姿勢ではなく、オープンに相手の目を見て話す

全て基本的なことばかりですが、たったこれらのことを意識するだけでも見違えるほど自己主張の方法に変化をみることができます。是非この記事をお読みいただいた方はお試しください!

次回からはさらに会話上手になるテクニックの数々をご紹介して参りますのでお楽しみにお待ちください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました