手際良い時短料理を作る5つポイントとは?!

お料理って毎日毎日大変ですよね。

できるならば手間なく、ささっと時短で美味しい手作り料理を作ってみたいものです。

そこで私が日頃実践している時短料理5つのポイントをご紹介します。

時短料理5つのポイントとは?

①お料理前にキッチン周りは整理整頓!

朝やお昼時の食事の食器を洗わずにシンク内やシンク周りに置きっぱなしの状態でお料理を始めてませんか?

お料理の前にシンク内やキッチンを整理することは時間短縮になるだけでなく、心の整理も出来、気持ちよく料理を作ることに向き合えます。結果、美味しい料理ができます。

時短料理のポイント①は、必要なもの以外は洗うなり片付けるなりして、作業スペース広くとって効率的に行うようにしましょう。

②料理に使う調味料は手元にまとめる!

お料理に使う主な調味料(しょうゆ、みりん、酒、酢、砂糖、塩)はあちこちに分散して片付けてませんか?

サッと出して、パッとしまえるガスコンロに近いところなどにまとめて収納しておくと便利ですし、その時料理に使う調味料はひとまとめにして取りやすい場所に取り出しておくと効率的です。

調味料を探してる間に煮すぎてしまった、焦げてしまったなど、失敗を防ぐためにもおすすめです。収納を制すれば時短効率もアップします!

合わせ調味料も事前に合わせておくと時間短縮に繋がり、料理も美味しく仕上がります。

時短料理のポイント②は、料理に使う調味料関係は手元にまとめておくと効率よく作業が進みます。

③料理の下処理は第一優先で!

料理に使う野菜洗いや下処理(肉や魚の下味つけ、下茹でなど)は、最初にまとめて一気にやってしまいます。

例えば今夜は3品の料理を作るとします。一品ずつの料理を作る度に野菜を洗ったり下処理をバラバラやってしまうと時短どころかむしろ非効率になってしまいます。

大まかな流れとして、洗う(野菜ほか)→下処理(下味付け、下茹でなど)→切る→仕上げ(焼く、炒める、揚げる)。

この基本の流れがつかめると、他の細かな作業は合間合間で臨機応変に出来るようになりますので、先ずはこの一連の流れを掴んで時短で楽しくささっと料理を作れるようになりましょう。

時短料理のポイント③は、下処理はまず最初にささっと一気にやってしまうと後の流れがスムーズに進みます。

④調理に使った食器や道具は料理しながら片付ける

調理後、シンクが(お鍋、ボール、まな板など)の洗い物でぐちゃぐちゃに溢れかえってませんか?

調理の際に使ったお皿やボール、包丁などは煮物を煮込んでる間やちょっと手を洗いたいなという隙間を使って、ついでに洗うことを心掛けてみてください。

よく一つの洗い桶に使用した油類の物やそうでない物をどんどん一緒に入れて、後で一気に洗う人がいますが、洗剤を必要としないものにまで洗剤を使うことになり、結果、流し水の無駄になり、時間もかかってしまいます。

そして片付けながら調理すると、なにより作業スペースも広くなり、気持ちもスッキリ作業の効率が上がり時短にもなりますので、是非毎日の習慣に取り入れてみてくださいね。

時短料理のポイント④は、調理に使った道具や食器類は、作りながら洗い切ってしまうと、調理後や食後のお片付けが楽ちんです。

⑤野菜は一度にまとめ洗いしましょう。

料理に使う野菜を洗う時、その日に使う分量以外に多めに洗っておきます。余分の野菜はジップロックに入れて冷蔵庫に片付けますが、翌日、翌々日の料理で使うときに非常に便利で時短につながります。

このように何でもないことですが、ちょっとしたことを習慣化することで後々が楽ちんになったりしますので是非やってみてくださいね。

時短料理のポイント⑤は、追々使うとわかっているものは、今気づいた時にまとめてやってしまうと後が楽ちんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

働きながら2人の子供の弁当作りや夕飯の支度で振り回されてた時に、ささいなことを工夫しながらやっていたことを思い出しながらまとめてみました。

今後も時短につながることがあれば追記していきたいと思います。

誰でもできることなのでぜひ参考に実践してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました