複数人との会話における沈黙の打破方法とは?

さてそれでは前回に引き続き、1対1のコミュニケーションではなく、複数人におけるコミュニケーションのコツについてご紹介していきたいと思います。1対1ではうまく会話することができるのに、パーティーなど複数の人間が入り乱れる形になると個性を発揮できず黙り込んでしまう方が時々いらっしゃいます。しかし基本的には1対1のコミュニケーションの延長線と捉えていただいて結構です。その部分について詳しくご紹介したのは前回の記事にアップしてありますのでそちらからぜひご覧ください。

複数人における会話の基本的姿勢

少し振り返ると自分の情報を少し話して相手に対して質問のヒントを与えることが非常に重要となってきます。会話の材料を1つ提供するだけで、そのことをきっかけに他のメンバーも会話に参加できるチャンスを得ることができます。1対1のコミニケーションでは必然的に自分が話す機会は多くなりますが、参加している人間が多くなれば当然のことながらあなた自身が会話するチャンスは少なくなります。つまりあなただけではなく、たくさんの人が会話することによってその会合が盛り上がるのです。だからこそあなたがたくさん話す必要は全くなくて、多くの人が話すことができる機会を作ってあげることに終始しましょう。そのような役回りを買って出ることによってあなたが複数人での会話に苦手意識を持つ事はなくなってくるはずです。

そこで重要なのは、たとえ少し抵抗があったとしても自分のプライベートは積極的に開示するようにしてください。そうしない限り会話はなかなか広がらないものです。逆に意外な自分のプライベートを公開することによってきっと盛り上がりを見せるはずです。自分から積極的にオープンな姿勢を示して相手にプライベートを話すことによって、相手からしてみてもミラーの法則で私も何か話なければならない、私もプライベートを話しても大丈夫なんだなと安心感を与えることも併せてできるのです。イメージとして全員が少しずつ防御姿勢に入っていた鎧を1枚ずつ抜いていく形でしょうか。そうすることによって皆の雰囲気が良くなり決して誰も取り残されることなく盛り上がることが間違いありません。

それでも場が静まってしまったら

あなたが積極的にみんなを盛り上げようとしてもなかなか盛り上がりに欠けていて、参加しているメンバーがどのような話題をチョイスすればいいか悩んでしまい静けさに陥った経験がある方も多いのではないでしょうか。そのような場合において、まず押さえておいていただきたい事はたくさんの人が参加している場面においては、全員が興味深くそして全員にクリーンヒットするような話題を提供する事はなかなか難しいことです。それこそ同じ趣味を有している者同士が集まっているのであれば話は別ですが、そのような場面においては盛り上がりが欠けている事はそもそも少ないでしょう。初対面に置いてみんなが黙り込んでしまっているときにはまずあなたから積極的に質問するようにしてみてください。質問は話をつなぎます。そして質問された方も自分に対して興味があるのだと認識することができるので質問されて嫌な気分になる人は少ないでしょう。

そして質問において重要な話題ですが、いきなり突飛押しのない話題をチョイスしてしまうと今までの流れをぶち壊してしまう可能性がありますので、しっかりとその場面場面でそれぞれの会話を注意深く聞いていてそれに関連付いた質問をすることをお勧めします。沈黙したからといって慌てふためいて新しい話題を提供する必要はありません。だからこそ今までの話に関連付いたことを再び議題にあげることによってまたその場所が会話で満ちるのです。実際に過去にさかのぼって、その話題で盛り上がっていた時に話の流れを考えて質問することができなかったことなどおそらくいくつか頭に浮かぶはずです。それらを自分の頭の中にストックしておくことによって、急に訪れる沈黙の時に改めてその対話をすることによってある意味保険として活用することもできます。

みんなが共有できる話題をできるだけ

繰り返しになりますが、複数人が集まる場面においては決してあなただけが会話を独占しないように気をつけてください。そして複数人が参加できる話題をあえてチョイスすることが盛り上がる秘訣です。5人で集まっているのにそのうち2人しかわからないような話題を提供してしまうと他のメンバーは盛り上がりようがありません。だからこそ実は会話をする実践以上に、毎日の積み重ねが非常に重要となってくるのです。プライベートにおいても仕事においても日々を充実させておけば様々な経験をすることができます。人と共感できることもあれば、なかなか普通の人では体験することができないこともあるでしょう。そして自然と人に話を聞いて欲しい嬉しい話や愚痴の話も生まれてくるものです。毎日を一生懸命に生きている人間のみにそのような体験が訪れてきますので、どんどん人に話したい話題を毎日の生活から生み出してください。

さらに新聞や雑誌などあらゆる情報にアンテナを張ることによって、自ら提供した話題だけではなく急に振られた議題に上がった話題にも対応できる可能性が高くなってきます。結局のところ話し上手は聞き上手であるのと同時に、多方面において情報を入手している人間なのです。時事ネタを中心に、話したい話題を毎日ストックしておくことが非常に重要となってきます。

内輪話はNG

ついつい無意識にしてしまいがちだからこそ、口を酸っぱくもう一度記しておきます。あまり配慮のない人間は、集まっている人間の全員がわかるような議題を提供するのではなく、自らが鼻高々になりたいのか専門的かつ一部の人間にしかわからないような話をする時があります。皆さんもきっとそんな経験は複数回しているはずです。その時の自分の気持ちをぜひ思い返してみてください。決して良い気分ではなかったはずです。なぜならそのような話は往々にして自慢話につながりやすく、何も知らない側は黙って聞いているほかないからです。逆にあなた自身はそのような1部の人間にしかわからないような内輪話は極力控えるようにしてください。そして仮にそのような話題を振られたとしても、決して話題を振ってきた人と2人で話し込むのではなく、全員が参加できるように話を噛み砕いて全員に話題を提供してみて下さい。きっとその話題についていけなかった人間からすれば、あなたのその配慮が非常に嬉しく映るはずです。

メンバーが自由に話し始めたら

やはりたくさんのメンバーが集まっているときには、バラバラな話題で盛り上がるよりも1つの話題で集中した方が格段に楽しいのはご理解いただけるはずです。しかしときにはあちらこちらで別の話題をそれぞれが話していることがあります。それなら2人ゆっくりと腰を据えて話せばいいのにとそのような場面を見かけるとどうしても思ってしまいます。せっかく多くのメンバーが一堂に会しているのですからそのような状況になってしまっては寂しさを感じてしまいます。間違ってもあなた自身がグループの話題についていけないからといって、隣の人と別の話題を話し始めないように気をつけてください。この記事を読んでいただいた方は別の話題を自分がすることによってグループの話が乱れることを知ったのでもうなさらないと思いますが、その事実に気づいてないで別々に話し始めている人を見かけたら、あなたが積極的に全員が参加できるような話題にして、ぜひその人たちにも話を振ってあげてください。ただし1つだけ注意点としては、あまりにも参加人間が多い場合は、なかなか1つの話題に集中することは難しいので頭に入れておいてください。この話が通用するのは大体5人前後を想定しています。

それでは次回の記事から、より高度な複数人における会話術を身に付けて、あなたが入れば良識的な人間であることをアピールする方法をご紹介して参りますので楽しみにお待ち下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました