電子マネーはどれがいいの?自分に合った選び方のコツ

この記事では「電子マネー」の中で自分に合った電子マネーの選び方について分かりやすくまとめています。

「電子マネー」はピピッとタッチするだけでスピーディに支払いができ非常に便利な決済ツールで、有名ところでSuicaや楽天Edyといったものがあります。

最近では私たちの身近なコンビニやスーパーでも使えるところが多くなってきました。

でも種類がたくさんありすぎて、どの電子マネーが一番お得なのか、何を基準にして選べば良いのか、分かり辛いと悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

そこでこちらでは主要電子マネーをご紹介し、気になる使用範囲やメリット、ポイント還元などについて解説していきますので、是非最後まで読んで頂き、あなたに一番合った電子マネーを見つけてみてくださいね。

キャッシュレス決済の電子マネーとは?

電子マネーと種類と特徴

電子マネーは大きく分けて電車・バスで利用できる「交通系ICカード」と、コンビニ・スーパーで利用できる「流通系ICカード」に分けられます。

「交通系ICカード」は鉄道やバスなど公共交通機関で利用できる電子マネーで、一部コンビニなどで買い物にも利用できるカードがあります。

「流通系ICカード」はスーパーやコンビニ、ショッピングで利用できる電子マネーですので、鉄道・バスなどの交通機関では使えません。

またこの2種類の電子マネーは、事前に一定のお金をチャージ(入金)して使う「プリペイド(前払い)式」と、クレジットカードを紐づけて、カード利用額と合算される後払い「ポストペイ(後払い)式」に分かれます。

交通系ICカード
「プリペイド(前払い)式」
Suica(スイカ)・PASMO(パスモ)・Kitaca(キタカ)・TOICA(トイカ)・manaca(マナカ)・ICOCA(イコカ)・SUGOCA(スゴカ)・SAPICA(サピカ)・はやかけん・nimoca(ニモカ)「ポストペイ(後払い)式」 PiTaPa
流通系ICカード

「プリペイド(前払い)式」 楽天Edy・nanaco・WAON

「ポストペイ(後払い)式」 iD、QUICPay  ※プリペイド式もあり

自分に合った電子マネーを選ぶコツ

今や日常における決済ツールとして、なくてはならない存在となった電子マネー。交通系、流通系の中でもいろいろとたくさんの種類がありますが、すべての人を100パーセント満足させられる電子マネーというのは存在しません。

電子マネー選びでもっとも重要なポイントは、自分のライフスタイルにどれだけ合っているか、そこが決め手となります!

何を優先して選ぶのか、そこを絞ることが出来れば自分に合った電子マネーを見つけることはできると思います。

使える場所で選ぶ

流通系(買い物系)の電子マネーは、いつも利用する店を基準に選ぶのがおすすめです。

使える店舗数が最も多いところが魅力的な「楽天Edy」、ほとんどのコンビニで使えるのは「Suica」、セブンイレブンやイトーヨーカ堂をよく利用するなら「nanaco」、イオンでよく買い物するなら「WAON(ワオン)」。

使える場所の多さで選ぶのも良いと思いますが、日常よく利用する場所で使えるカードを持つことによって、どれだけお得になるかを考えるのがおすすめです。

ポイント目的で選ぶ

電子マネーには各社特有のポイントが用意されてますので、流通系電子マネーは買い物で使えば使うほどポイント還元を受けられますが、交通系電子マネーは基本的に特定加盟店の利用以外、買い物利用ではポイントは貯まりません。

「Suica」を使うと『JRE POINT』が貯まる。
「楽天Edy」を使うと『楽天スーパーポイント』が貯まる。
「nanaco」を使うと『nanacoポイント』が貯まる。
「WAON」を使うと『WAONポイント』が貯まる。
「iD」、「QUICPay」は引き落とし先に紐づけたクレジットカードの利用ポイントが貯まる。

こうした貯まったポイントでチャージ出来たり、支払いに使ったり、マイルに交換したりすることができます。

ポイントを貯めるには当然還元率も電子マネーを選ぶ際の目安となりますが、あまり還元率に振り回されるのもおすすめできません。

決済タイミングで選ぶ

電子マネーはチャージして使うプリペイド型(前払い)と、クレジットカードを紐づけて使うポストペイ(後払い)の大きく2つに分かれます。

事前にお金をチャージして使うプリペイド型は、チャージの手間や残高不足の心配などのデメリットが発生します。

しかしながらプリペイド型の電子マネーであっても、対応するクレジットカードや銀行口座と一体型となったカードが主流になりつつあります。

一体型カードであれば、設定金額を下回りお金が不足した際に自動でチャージされる「オートチャージ」に対応している、「Suica」がこれに該当します。

「Suica」はモバイルSuicaとビューカードを紐づけることによってオートチャージが可能になります。

決済タイミングは自分がやりやすいほうを選ぶのがよいですが、オートチャージはお金を使いすぎそうで怖いという人は、地道に前払いの現金チャージが無難だと思います。

利便性で選ぶ

電子マネーはカードを持ち歩かなくても、スマホアプリで管理し、スマホ一つで支払いを完結させられるので非常に便利です。

しかしスマホの機種や電子マネーの種類によって登録できるかが最大のポイント。

iphone7以降で利用できるApple Pay(アップルペイ)が対応する電子マネーは「Suica」「iD」「QUICPay」

アンドロイドのスマホで使えるGoogle Pay(グーグルペイ)はおサイフケータイ対応機種であれば、「Suica」「楽天Edy」「nanaco」「WAON」「QUICPay」が利用可能。

交通系電子マネーでスマホ(iphone7以降とおサイフケータイ対応機種のアンドロイド)に登録して使えるのは「Suica」のみです。

※Apple Payは、iPhoneに搭載されている電子マネーやクレジットカードなどの決済サービス。
※Google Pay は、Google の支払いサービス。

主要電子マネーの特徴

ここからはメジャーな主要電子マネー6社、Suica・楽天Edy・nanaco・WAON・iD・QUICPayの特徴をまとめご紹介します。

「Suica」東京圏を中心に交通機関をよく利用するならお得

JR東日本が発行している、電車・バスなど交通機関を利用する方は最強の電子マネー「Suica」。鉄道・バスなどの交通機関の乗車、主要コンビニや
飲食店、Newdaysなどの「エキナカ」店舗や自販機など使える場所が最も多く大変便利です。

「Suica」のポイントは『JRE POINT』

Suica」で『JREポイント』を貯めるには、必ずJRE POINT WEBサイトで「Suica」を登録します。(※未登録の場合、ポイントが貯まりません)

エキナカの自販機やNewdays、首都圏各地の駅ビルのJREポイント加盟店で決済するとJRE POINTが貯まり,「Suica」「モバイルSuica」をビューカードと連携することで、オートチャージされるたび通常の3倍の高いポイントが還元されます。貯まったポイントは「Suica」にチャージできます。

「楽天Edy」ポイントが2重、3重とドンドン貯まる

「楽天Edy」は楽天グループの電子マネー。利用店舗数は最多、楽天ショッピングサイトをよく利用する方には必須とも言えるサービスです。

「楽天Edy」のポイントは『楽天スーパーポイント』

スマホではおサイフケータイ対応のAndroidでしか使えませんが、楽天ポイント以外に、TポイントやPontaポイント各々の加盟店で「楽天Edy」を使うとポイントが2重で貯まります。

加盟店舗で毎月実施されるキャンペーンではポイント還元を実施。買い物をするだけでポイントが貯まりやすいのが魅力的です。

「WAON」イオン系列店のヘビーユーザーはお得度は高い

「WAON」はイオンが提供する電子マネー。地方や郊外在住の主婦層に人気が高く、イオンヘビーユーザーは高いポイント還元の恩恵を受けられます。

「WAON」のポイントは『WAON POINT』。

毎月20日と30日はWAONでの支払いが5%オフ、毎月5のつく日はポイント2倍、毎月10日もポイント2倍、毎月15日は55歳以上限定で5%オフ、2019年7月、8月、9月に会員登録するとポイント2倍などのキャンペーンも頻繁に実施されてます。

「nanaco」nanacoポイントとANAのマイルが相互交換できる!

「nanaco」はセブン&アイ・ホールディングスの電子マネー。2019年7月よりポイント還元が支払い200円ごとに1ポイントに変更(0.5%低下)。イトーヨーカ堂では「8」の付く日はポイント2倍とnanacoでの支払いが5%オフ。

「nanaco」のポイントは『nanacoポイント』

スマホアプリで管理できる「nanacoモバイル」は、おサイフケータイ対応のAndroidで利用でき、通常300円かかる「nanaco」カード発行手数料が無料です。

貯まったnanacoポイントはnanacoにチャージできたり、、ANAのマイルやANA SKY コインに交換することができます。

「QUICPay」食べログ掲載の店舗で最大15%オフ!

「QUICPay」はクレジットカードによるポストペイ型(後払い)の電子マネーサービスです。Apple PayやGoogle Payで使え、現在120社以上のカード発行会社に対応してます。

しかし最近では後払い型の他に、auのプリペイドカードやみずほ銀行のデビットカードでも「QUICPay」の利用が可能になり、クレジットカードを持たない人にも選びやすくなりました。

独自ポイントはなく、チャージと支払い時のポイントの2重取りができないためポイントは貯まりにくいです。

「iD」ドコモユーザーはクレジットカードなしで後払いOK!

「iD」はNTTドコモが2005年から運営している電子マネー。キャッシュレス社会で他より先に進んでいるので一番優位性があります。

今までポストペイ型(後払い)が主流でしたが、最近は事前にチャージして使う「プリペイド型」や口座残高の範囲内で使える「デビット型」が加わり、大変選びやすくなってます。

ドコモユーザー以外でもクレジットカードを持っていれば利用できますが、ドコモユーザーの場合はクレジットカードを登録する必要もなく、「iD」での支払いは毎月のスマホ料金と合算して引き落とされます。

なんといっても店舗数の多さが魅力的。コンビニやスーパー・百貨店、カフェやファーストフードや居酒屋、タクシーやガソリンスタンドまで、「iD」マークのある所なら、全国で93万箇所以上の場所で利用できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました