相手がどんどん話したくなる聞き方や質問内容

相手との会話の中で一番重要なことは「話の聞き方」や「質問の内容」です。今目の前にいる人は何に興味を持っているのか?相手が話したくなる話題はどんな内容だろうか?お互い共通の話題ができれば自然とその場は盛り上がるのですが、初めましての出会いならなかなかそういうわけにはいきませんね。

ということで今回は初対面でも相手がどんどん話したくなる聞き方やどういった質問をするのが理想的なのかといった内容にも触れていきたいと思います。

ネガティブな感情でも大きな話の種になる!

あなたは人と会話する時、なるべく愚痴にならないようにネガティブな会話をしないように気をつけていることはありませんか?それは相手に質問するときにおいても同様のことです。相手がなるべく話したくないようなネガティブな話題を避けるのは通常のことだと思います。でも実はそのような普段は言えない鬱憤が溜まったような話題こそ、自分が1番話したい内容であり盛り上がる内容だった経験は無いでしょうか?

もちろん率先してマイナスの話題ばかり話のネタにすると人間性を疑われてしまうかもしれません。でも時折エッセンスとしてそのような普段は言えないマイナスの感情にスポットを当てて、相手が愚痴を吐き出したくなるような状況を作ってあげれば話してとしては非常に喜びます。どのような人間であれ、神様では無いのですからイライラする事は必ずあります。相手が普段の日常においてどのような部分にストレスを抱えため込んでしまっているのか。ぜひ共有してみる努力をお勧めします!

仕事であれ夫婦関係であれプライベートであれ、もうこれ以上は抱え切れないで嫌になって投げ出してしまってしまう事は誰にでもあります。相手としてもそのような会話をすることによって自らが何に対してイライラしているのかを客観的に分析することができ、不思議とあなたに話し終えた頃にはスッキリしていることだってあるのです。このような会話をするときには、相手が話すイライラしている内容と全く無関係の場所や状況において必ずするようにしてくださいね!

断定的な質問はできるだけ避ける!

どのような会話においても相手が答える範囲を広げる努力をしてみましょう。「〜〜ですか?」などの質問においては相手はその質問に対して答える答えしか回答することができず範囲が狭められてしまいます。しかしこの時に、「〜〜でしょうか?」などの言い回しをするだけでも相手にとっては、答える範囲が広がるのです。質問力がある人間は自然とこのような柔らかい言い回しができているものなので、相手に対して質問するときは、「〜〜でしょうか?」を意識してみましょう!相手にとっても、そのような柔らかい言い回しで質問された方が、この人は信頼できるからしっかり答えてあげようと、そんな気分になってくれるものなのです。

会話が広がる趣味のお話

誰でも自分が大好きな趣味の話についてはどんどん話が膨らむものです。その話を真剣に聞いてあげるだけでも話し手にとっては非常に嬉しい展開なのですが、相手も一方的にずっと話し込んでしまうのは気が引けてしまうものです。なので適切なタイミングで質問してあげる事は重要なのは想像できるかと思います。そこでどのような質問をしていけばいいかが非常に重要となります。

質問することで相手を楽しませることが1番大事なのです。つまりこちらから趣味の具体的な事実や知識をどんどん引き出すだけでは、相手にとってはただ情報を紹介しているだけにすぎないのであまり楽しくありません。要になるのは相手の気持ちになって、話し手を主人公にしてあげること。例えば相手が株取引について非常に興味がある人だと仮定しましょう。そこで質問する人間として、現在の東証株価指数なんて聞かれても嬉しいと思いますか?それよりも株取引をする中で、どのような場面が1番興奮するのか、どんなところに注意しながら取引を行っているのか、その話し手のこだわりポイントをどんどん引き出してあげることで、相手も楽しくなってきて知らず知らずに話し込んでしまうことでしょう!
相手との会話の中で一番重要なことは「話の聞き方」や「質問の内容」です。今目の前にいる人は何に興味を持っているのか?相手が話したいと感じる話題にどんな内容だろうか?お互い共通の話題ができれば自然とその場は盛り上がるのですが、初めましての出会いならなかなかそういうわけにはいきませんね。ということで今回は初対面でも相手がどんどん話したくなる聞き方やどういった質問をするのが理想的なのか内容にも触れていきたいと思います。

直球の質問はだめ!

趣味の話であれ、先週末に遊びに行ってきた場所であれ、直球に「いかがでしたか?」や「どうでしたか?」などの質問は相手にとって具体的なイメージに繋がらず会話が弾みません!過去の記事を全てお読みいただいている方であれば既に想像できるかと思いますが、その先の質問をするようにこれからは意識していきましょう!「いかがでしたか?」などの抽象的な質問ではなく、相手の気持ちになってその場面を想像して、興奮したり楽しかった場面を聞くのです。そして先述した通り、柔らかい言い回しで「〜でしょうね?」と話してあげることで相手も警戒心なく心を開いてくれることでしょう。

相手と同程度の知識を有する必要はない!

会話をしていて、相手が得意の専門分野に話題が及んだ時に戸惑った経験をお持ちの方も多いはず。そんな時、今までのあなたならどのように対処してきたでしょうか?実は戸惑う原因をまずは潰すことが大切なのです。人それぞれ得意な分野は違って当たり前。相手の知識に自分がついていく必要がそもそもないのです。相手が知っている分野に対して、こちら側も同程度の知識を有していないと何となく話すのが申し訳なくなってしまう気持ちもわからなくはありませんが、その誤解からまずはときましょう。相手側も自分が知っている分野に対して話を聞いてくれる人を求めています。だからこそ基本的な5W1h基本として相手の気持ちに共感することを忘れず、楽しく話を聞いてあげましょう。このことさえ守れればたとえ知識を有していなくても、相手側が勝手に話を広げてくれるのです。むしろ自分が知らない分野であれば勉強させてもらう形で話を聞いていると、自分自身の会話の範囲も自然と広がっていくものです。

共通の話題を見つけ出すことから

どのような書籍を読んでみても、まず相手と仲良くなることを目的とするならば共通の話題を見つけ出さなければなりません。話のとっかかりとしては、ありきたりな話題となってしまいますがやはり天気や暦が万人受けするでしょう。しかしただ天気の話をするだけでは面白くありません。その話をとっかかりとして少し自分の話もしてみましょう。例えば天気が良いのであれば、どこへお出かけしたい。どんな服装をしてみたい。そんな話につなげることだってできるのです。そして少しだけ自己開示をした後は、不用意に自分の話をし続けるのではなく、相手がどのようなリアクションを持って受け答えしてくれるのかをゆっくり観察してみてください。そこで相手がまだ話を聞く姿勢を持っているのであれば話を続ければいいし、相手が質問をしてくれるならばその質問に対して真摯に答えてあげてください。このようにしてお互いの間と呼吸を合わせていくことこそが会話のスタートとして非常に重要です!

相手が沈黙していたら

こちら側から話を振っても相手のリアクションがあまり芳しくない場面はどうしても遭遇してしまいます。そんな時は例えば天気の話題から自分のプライベートな話題を話したと仮定しましょう。その時に相手が特にリアクションもなく、質問をするわけでもなくただ聞いているだけならば、その話題に沿った形で相手にも似たような質問を投げかけてみましょう。大抵の場合は、その質問によって相手のスイッチが入って会話がスタートします。それでも相手が沈黙を貫いているのであれば、もともと会話をするつもりがないのか、よほどの口下手なのかどちらかかもしれません。いずれにせよ、会話はキャッチボールです。こちら側が必要以上に合わせて会話をしようとしているのが空気感として伝わり、相手に不要な緊張感を与えている可能性もありますのでその点だけ注意してください。笑顔とアイコンタクトは最低条件ですよ!会話以上にあなたの表情がファーストコンタクトにおいては非常に重要となります。具体的に自己開示をして、それに沿った形で相手に質問を投げかけてみましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました