2019-06

スポンサーリンク
礼儀と挨拶

相手に伝わるワンランク上の会話や質問

さて長きにわたってコミュニケーションについての基本的なテクニックをご紹介して参りました。こちらのサイトにお越しいただいた方には、普段そこまで意識的に会話をしていなかったと気付かされた方も多かったのではないでしょうか? 過去にアップされた記事をお読みいただければ、基本的にあなたが対人関係において悪い印象与える事は回避することができます。今日はそれをベースにして、より密に仲良くなりたい人物とはどのように会話をすべきなのかについてご紹介していければと考えております。
礼儀と挨拶

初めて参加するグループにストレスなく溶け込む方法

まだ前回以前の記事を目にされていない方はぜひそちらからご覧ください。1対1のコミュニケーションだけではなく、複数人におけるコミュニケーションを基本形について詳しくご紹介してきました。1対1のコミュニケーションは普通に取れるのに、会議やパーティー会合などたくさんの人が入り乱れる場面に遭遇するとなかなか自分の発言をすることができない方は読むことをお勧めします。いちど読んでいただくと、コミュニケーションの基本は自分ではなく相手の気持ちに寄り添うことが非常に重要であり、相手の目線に立った発言をすることによってスムーズに会話が成立することが理解できると思います。
礼儀と挨拶

複数人との会話における沈黙の打破方法とは?

さてそれでは前回に引き続き、1対1のコミュニケーションではなく、複数人におけるコミュニケーションのコツについてご紹介していきたいと思います。1対1ではうまく会話することができるのに、パーティーなど複数の人間が入り乱れる形になると個性を発揮できず黙り込んでしまう方が時々いらっしゃいます。しかし基本的には1対1のコミュニケーションの延長線と捉えていただいて結構です。その部分について詳しくご紹介したのは前回の記事にアップしてありますのでそちらからぜひご覧ください。
礼儀と挨拶

複数人とのコミュニケーションの苦手意識を克服する方法!

さて今日は1対1の対人関係から飛躍して、複数人とのコミュニケーションについて上達を図っていきましょう。1対1のコミニケーションの基本については、過去に何本も記事をアップしていますのでぜひそちらからご覧ください。実際に1対1とのコミュニケーションはしっかりとできないと、なかなか 複数人の中でコミニケーションをするといってもイメージがつきづらいと思いますのでそちらから勉強することをお勧めします。
礼儀と挨拶

苦手な人との接し方はこの方法で楽になる!

人間だって生き物です。自然界に生息している生物以上に複雑な知能と行動パターンを有しています。つまり自然界においても動植物でも得手と不得手があるように、当然のことながら同じ生物である人間も好き嫌いは存在しています。だからこそ全員と等しく平等に接するのではなく、苦手な人と接することを楽にできるように見直してみませんか?
礼儀と挨拶

会話中に気の利いた言葉が出てこない時の対処法

誰しもがこのような経験を持っているはずです。相手が一生懸命話をしてくれているのに、自分がそれに対して気の利いた言葉の1つもかけてあげることができない。気持ちはあるのに口がうまく回らず、場を盛り上げることができていない。でもそれは決してあなただけではなく、他者と会話をする中では必ず訪れる時間でもあります。まずは上手く話せないという思考回路から抜け出す必要があります。
礼儀と挨拶

相手がどんどん話したくなる聞き方や質問内容

相手との会話の中で一番重要なことは「話の聞き方」や「質問の内容」です。今目の前にいる人は何に興味を持っているのか?相手が話したいと感じる話題にどんな内容だろうか?お互い共通の話題ができれば自然とその場は盛り上がるのですが、初めましての出会いならなかなかそういうわけにはいきませんね。ということで今回は初対面でも相手がどんどん話したくなる聞き方やどういった質問をするのが理想的なのか内容にも触れていきたいと思います。
礼儀と挨拶

共感を得る言葉や話題の重要性について

こちらでは相手との会話で共感を得る言葉遣いや話し方をするには何が大事で、何に気を付けつければ良いのかを見ていきたいと思います。スマホ時代になり人とのコミュニケーションを苦手とする人が増えています。でも人間が生きていく上で人と関わらないで生きてくというのはあまりにも寂しすぎます。笑ったり、喜びを感じたり、助けたり助けられたり、どんな人でも相手と共感を得られた時に幸せを感じるものです。もし相手と共感を得ることが苦手だと思ってる人は最後まで読み続けてください。そして何か気付いていただけたら幸いです。
礼儀と挨拶

自分の思いを相手に伝える上手な自己主張法

今回は特に自己主張することがなかなかできない人にこそ読んで欲しい記事を書きたいと思います。もし自己主張することが苦手だなと少しでも感じている人にはこの記事をお読みいただき、少しずつでも自己改革に励んでいただきたいと願っているのです。
礼儀と挨拶

聞き上手な会話のキャッチボールのコツ!

過去数回にわたって他人に好印象を与えながらプライベートでも仕事でも充実させていく方法について記載させていただきましたが、今回からはより踏み込んだ内容をお届けしたいと思います。
スポンサーリンク