日経トレンディ「2019年ヒット予測ランキング30」先行発表!詳細はこちら

2018年11月1日、パレスホテル東京にて「日経トレンディ」(日経BP社)が選ぶ「2019年ヒット予測ランキング」先行発表会が開催されました。

初めて耳にするものばかりでしたので調べて詳細をまとめてみました。

 

2019年ヒット予測ランキング30

『2019年ヒット予測ランキング30』の内容に関しての詳細は随時記載していきます。

 

1位:デカトロン&ワークマンプラス

日経トレンディ1位を獲得した『デカトロン&ワークマンプラス』
デカトロンはフランス発のアウトドアスポーツ総合メーカーでヨーロッパを中心に世界20数か国に展開するスポーツブランド、ワークマンプラスは作業服専門店で知られる「ワークマン」のおしゃれなカジュアルブランド。

 

11月2日放送の『すっきり』でワークマンプラスが紹介されてました。

 

『雨に強い』『風に負けない』『動きを追求』した安くて超高性能な商品で「ユニクロ」「ZOZO」よりすごいと大人気!!

この勢いは止まらないですね!

 

【ワークマンプラス】2号店・3号店 店舗の場所や営業時間、人気商品も!
【ワークマンプラス】2号店・3号店 店舗の場所や営業時間、人気商品も!

 

2位:新元号フィーバー

2019年5月1日の新元号施行に伴うフィーバーということですね。

 

3位:誠品生活

台湾でおしゃれな雑貨店や書店として大人気の「誠品生活」。

2019年の秋、三井不動産が日本橋室町『コレド室町』(東京・中央区)に、書店とライフスタイルを融合させた「誠品生活日本橋」をオープンさせる。

誠品生活日本橋はコレド室町テラスの2階に入居、書店、グルメ、工芸体験や雑貨の販売などを行うゾーンが設けられる予定です。

 

4位:日本版アマゾンGO

「レジ会計しない」近未来型コンビニ形態として注目を浴びる『Amazon Go』の日本版として、ファミリーマート・伊藤忠商事・LINEの3社が業務提携し、LINEのクラウドAIプラットフォーム「Clova」を活用し「次世代コンビニ」の構築に乗り出します。

バッグに欲しい商品を入れ、そのまま店の外に出るだけで会計が完了します。

さて、コンビニ業界が抱える人手不足問題を解消することができるのか、今後の展開に注目が集まっています。

5位:ヒプノシスマイク

人気爆発中の男性声優12人によるラップソングプロジェクト通称『ヒプマイ』

声優史上初のラップ音楽CD企画で、男性声優12人がキャラクターに扮してラップを歌うラップバトルプロジェクト、通称『ヒプマイ』と呼ばれています。

豪華声優陣は、木村昴、石谷春貴、天崎滉平、浅沼晋太郎、神尾晋一郎、駒田航、速水奨、木島隆一、伊東健人、白井悠介、斉藤壮馬、野津山幸宏の12名。

『ヒプマイ』人気の理由は、滑舌豊かな歌唱力魅力的なキャラクター性HIP HOP界の重鎮や有名ラッパーが作詞・作曲を手掛けているところです。

ヒプノシスマイク Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」

6位:渋谷スクランブルスクエア

渋谷の街が再開発により大きく変わろうとしています。

2019年9月に、渋谷駅の真上に地上47階・地下7階建て、高さ約230mの超高層ビル『渋谷スクランブルスクエア』東棟がオープンします。

中上層階のオフィススペースには、サイバーエージェントやミクシィが移転、一番の目玉とされる最上部の展望デッキからは、360度のパノラマスカイビューを見下ろすことができます。

『渋谷スクランブルスクエア』のビッグプロジェクトは、東京急行電鉄、JR東日本、東京地下鉄の鉄道3社が手を組み、全3棟のうち、中央棟・西棟は2027年までに建設される予定。

7位:アレクサ オート

AIカー=しゃべるクルマ アマゾンの『アレクサオート』

アマゾンは、アマゾンの対話型AI「アレクサ」を車載インフォメントシステムに搭載できる『アレクサオートの開発キット(SDK)』を自動車メーカーに向け公開したと発表。

アレクサ対応機器(数千円程度~)を装着すれば、どんな車でも大半の音声機能が利用可能になります。

8位:ムンク展

2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)まで、東京・上野の東京都美術館において、『ムンク展ー共鳴する魂の叫び』が開催されます。

ノルウェーのオスロ市立ムンク美術展のコレクションを中心に、約60点の油彩画の他、版画など約100点を展示する大回顧展。

尚、今回のムンク展は、異色のポケモンとコラボするという前代未聞の大型企画により、『叫びポーズ』を取ったピカチュウのぬいぐるみやスマホケースなどのオリジナルグッズが発売されます。

【ムンク展】来日作品を特別公開!【プレス発表会】

会場:東京都台東区上野公園8-36

休室日:月曜日 (ただし、11月26日、12月10日、24日、1月14日は開室)、12月25日(火)、1月15日(火)

年末年始休館
12月31日(月)、1月1日(火・祝)

開室時間/9:30~17:30
・金、11月1日(木)、3日(土祝)は~20:00
(入室は閉室の30分前まで)

観覧料:一般 1,600円、大学生・専門学校生 1,300円、高校生 800円、65歳以上 1,000円
・12月は高校生無料

9位:オキュラスGo&クエスト

オキュラス(Oculus)とは、VR(バーチャルリアリティ)に特化したHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を高品質かつ安価で製作することを実現させた企業。

『オキュラスGo』は2018年5月に発売されたVR端末で、パソコンやスマートフォンに繋がずに単体で使える利便性に加え、1台2万円未満からとコストが安いことが特徴です。

そして2019年春には上位モデルの『オキュラス クエスト』が登場する予定。

『オキュラス クエスト』はスタンドアロン型でありながら、『オキュラスGo』を超える最上級の性能で1台5万円未満で手に入ります。

2019年は高性能×低価格でVR市場が再加速する兆しを見せ始めています。

10位:ハリー・ポッター:ウィザーズ・ユナイト

ポスト『ポケモンGO』

『ポケモンGO』で有名なナイアンティックが新たに世に放つとされる、ハリー・ポッターの進化したAR技術を使った新作位置情報ゲーム「ハリー・ポッター:ウィザーズ・ユナイト」

11位:オーダーしみかくシート

パナソニックが独自の技術を活かして開発された『オーダーしみかくシート』が2019年3月に販売される予定です。

今までのメイクでは隠すことができなかったシミやそばかすなどをほぼ完全に隠すことができる特殊メーク級のシミ隠し用シート。

このシートは肌色や色に合わせた人口皮膚のような、厚さは僅か数百ナノメートルと貼っていることに気付かないほどの極薄のようです。

女性にとって1番気になる顔のしみ、2019年3月の販売が待ち遠しいですね。

印刷して貼るメイク~“塗る”から“貼る”メイクアップシート | #Panasonic LIVE@CEATEC 2016

12位:カップ冷凍メシ

レンチン1分激旨チャーハン。

セブンーイレブンが発売する『カップ冷凍メシ』は、『セブンプレミアム 炒め香るチャーハン』『セブンプレミアム バター香る海老ピラフ』の2種類。

財布に優しい213円(税込)。

13位:スターバックス リザーブ ロースタリー

日本初の『スターバックス リザーブ ロースタリー』

異次元の『ラグジュアリースタバ』が、2018年12月に中目黒のドン・キホーテ近く目黒川沿いの桜が美しい場所にオープンします。

何が異次元かと言うと、世界中の高品質なコーヒー豆を焙煎・抽出する様子をまるで博物館のように見ながら、焙煎したてのコーヒーを味わうことができます。

コーヒー通、スタバ好きにはたまらない空間ですね!

14位:モバイルバッテリーシェア

2019年以降、スマホLifeの救世主

車や自転車、ファッション業界でシェアリングサービスが急増している中、モバイルバッテリーもシェアする時代に突入。

街のあらゆる所でバッテリーを借りて充電、使い終わったらどこででも返却できます。

15位:プログラミング魔法学校

『プログラミング魔法学校』はディズニーの世界を楽しみながら、プログラミングを学ぶことができるプログラミング学習教材です。

2020年から小学校で、2021年から中学校で、2022年から高校で始まるプログラミング教育の必修化に向け、『プログラミング魔法学校』は誰もが楽しく学べる教材として注目を集めています。

レッスン紹介|ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」

16位:AI丸投げツアー

自分だけのニッチでディープな旅行プランが提案され、予約できる超ニッチ旅・創造サービス』

自分に合った旅行プランをネット検索の膨大な情報から見つけ出すのは結構時間もかかり至難の業。

そこで『旅行記録&SNSアプリDeaps(ディープス)』では、AIが自分の希望・好みに応じて周遊コースを自動作成してくれる超画期的なサービスす。

17位:抗・尿酸値ドリンク(アンセリン)

痛風予備軍のための、尿酸値上昇を抑える抗・尿酸値ドリンク(アンセリン)誕生。

2019年約10社の企業から、アンセリンの尿酸値上昇抑制作用を初めてうたった機能性表示食品の発売が決定しています。

18位:エクストリームキャンプ

エクストリームキャンプ(ExCAMP)は、貸切のプライベートサイトからキャンプ場まで、全国のキャンプサイトの検索・予約ができるサービスです。

キャンプシーズンのキャンプ場は車だらけ、人だらけ、テントだらけで、開放感を満喫したいのに楽しみも半減ってことありますよね?

そんなジレンマから解放される画期的なサービスが『ExCAMP』で、2019年1月にサービスが開始されます。

19位:スマスピロボ

何でも頼めるAI相棒ロボット=スマスピロボが誕生。

AI機能を備えたスマートスピーカーのアシスタント機能と『Pepper』や『aibo』『Robi』などのコミュニケーションを重視したエンタメ系ロボットが融合し、AI相棒ロボによって生活を助けてくれます。

20位:A380ハワイ

2019年春、ANAの東京ーホノルル線に就航する予定の世界最大の旅客機『エアバスA380ハワイ』

総2階建て、総座席数は520席でゆったりとした気分でフライトを楽しめます。

ANA、エアバスA380型機の客室仕様を公開

21位:まるで青空ライト

地下や窓のない部屋、もしくは外光が入らない空間でも快適にに過ごせる、自然光を再現した新型照明『CoeLux』をイタリアのベンチャーが開発。

特徴はまるで本物の窓があるかのように、部屋の一部にぽっかりと青空が生まれたり、まるで太陽があるかのようの見えるモデルもあり、日本でもじわじわ人気が高まっています

 

22位:着る健康診断

未病を防ぎ予防医療につながる、バイタルデータ(生体情報)を手軽に測定できるウエアラブルデバイスの市場が拡大。

『XB-01』『オムロンヘルスケア』『FreeStyleリブレ』など。

23位:ゴーストレストラン

飲食業界への参入ハードルを下げるために『店舗を持たずに飲食業を営む方法』が今後も多数展開します。

『ゴーストレストラン』と呼ばれる、フードデリバリーの『ウーバーイーツ』や移動式のフードトラック。

favyが銀座で仕掛ける『シェフのコワーキングスペース』など。

24位:OiCy

『OiCy(オイシー』はクックパッドの約300万レシピから厳選された数千のレシピに書かれている材料や手順などを調理家電に読み込ませるシステムです。

レシピ連動調味料サーバー「OiCy Taste」

25位:ARボルダリング

ゲーム感覚で楽しめる『ARボルダリング』。

壁面でプロジェクターで投影された映像を写し、ボルダリングをしながらARゲームを楽しむことができる新感覚の『ARボルダリング』。

[NEWS] ボルダリングの新しい可能性? クライマー必見のARゲームが登場

26位:FLIGHT OF DREAMS

2018年10月12日、愛知県の中部国際空港(セントレア)の敷地内に、ボーイング787初号機(ZA001)を中心とした体験型コンテンツエリアのフライトパークと商業施設エリアを併設した、シアトルをテーマにした複合施設『FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ』がオープンしました。

中部国際空港〜FLIGHT OF DREAMS〜

27位:ルビーチョコレート

天然ピンク色のルビーカカオと呼ばれる『ルビーカカオ豆』から引き出した鮮やかなピンク色が特徴の『第4のチョコ・ルビーチョコ』

着色料もフルーツのフレーバーも入っていない、ベリーのようなフルーティーな酸味。

 

28位:溶けないアイス

金沢大学の太田富久名誉教授が溶けないアイスの成分を開発したという、石川県・金沢市で生まれた『金座和(かなざわ)アイス』です。

型崩れしないキャラ形アイスが人気を呼び、テーマパークや商業施設に一気に拡大。

溶けないアイスにドライヤーの熱風をあててみた 金座和アイス

29位:ムーミンの森

2019年3月に、埼玉県南部・飯能市の宮沢湖畔に北欧の雰囲気を感じさせる大自然に囲まれた癒しスポット『ムーミンの森』がオープンします。

ムーミン谷~飯能市 あけぼの子どもの森公園~

30位:The Okura Tokyo

2019年9月、『ホテルオークラ東京本館』が、『The Okura Tokyo』となり外資系ホテルに引けを取らない超高級ホテルへと生まれ変わります。

「The Okura Tokyo」 2019年9月開業

まとめ

日経トレンディ「2019年ヒット予測ランキング30」をmまとめました。

今後も最新情報が入り次第追記していきます。

それでは最後までお読みいただきましてありがとうございます。

コメント